OR・IE (全36問中11問目)

No.11

ソフトウェアの設計品質には設計者のスキルや設計方法,設計ツールなどが関係する。品質に影響を与える事項の関係を整理する場合に用いる,魚の骨の形に似た図形の名称として,適切なものはどれか。
  • アローダイアグラム
  • 特性要因図
  • パレート図
  • マトリックス図

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

特性要因図は、下図のように特性(結果)とそれに影響を及ぼしたと思われる要因(原因)の関係を体系的に表わすための図です。この図法による分析を行うことで原因を直接的なものと間接的なものに分別したり、改善を行うべき真の問題点を明確にすることができます。
04i.gif/image-size:244×151
この図は、完成した形が魚の骨格の姿に似ていることから「フィッシュボーンダイアグラム」とも呼ばれます。
  • アローダイアグラムは、プロジェクトの各作業間の関連性や順序関係を視覚的に表現し、クリティカルパスの洗い出しやプロジェクトのスケジュール管理に用いられる図法です。
    04a.gif/image-size:342×131
  • 正しい。
  • パレート図は、値の大きい順に分析対象の項目を並べた棒グラフと、累積構成比を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフで、主に複数の分析対象の中から、重要である要素を識別するために使用されます。
    04u.gif/image-size:415×256
  • マトリックス図は、表の縦軸と横軸にいくつかの項目を設定し、交点に各項目同士の関連性・関連度合いなどを◎,○,△などで表した分析図です。
    04e.gif/image-size:269×150
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop