OR・IE (全36問中34問目)

No.34

1個の製品Aは3個の部品Bと2個の部品Cで構成されている。ある期間の生産計画において,製品Aの需要量が10個であるとき,部品Bの正味所要量(総所要量から引当可能在庫量を差し引いたもの)は何個か。ここで,部品Bの在庫残が5個あり,ほかの在庫残,仕掛残,注文残,引当残などは考えないものとする。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

企業の在庫管理に関する問題で、在庫や出荷に関する各用語を理解できているかどうかがキーとなります。

ある期間に必要な部品Bの正味所要量は、問題文の条件より

 製品A所要量×製品1つあたりの部品Bの必要量−部品Bの在庫量
 
で求められ、これを計算すると

 10×3−5=25個

となります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop