会計・財務 (全45問中13問目)

No.13

導入を検討している機械の経済性評価を行う。取得費用が1,000万円で,耐用年数は10年間である。導入によって,毎年,110万円の利益を得られる。また,保守費用として毎年取得費用の1%が発生する。この機械への投下資本利益率,すなわち機械への投資に対する利益の割合は何%か。
 なお,投下資本利益率は,次の式で算出するものとする。

  投下資本利益率(%) = 利益 ÷ 投下資本 × 100

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

機械の耐用年数である10年間で得られる利益と、必要となるコスト(=投下資本)を比較して経済性評価を行います。

[10年間の利益]
110万円×10年=1,100万円

[10年間のコスト]
導入費用 1,000万円
保守費用 1000万円×0.01×10年=100万円
投下資本 1,000+100=1,100万円

投下資本利益率は、設問の公式を使用して計算します。

 1,100÷1,100×100
=1×100
=1(=100%)

したがって投下資本利益率は100.0%です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop