会計・財務 (全45問中3問目)

No.3

ある商品の4月の仕入と売上が表のとおりであるとき,移動平均法による4月末の商品の棚卸評価額は何円か。移動平均法とは,仕入の都度,在庫商品の平均単価を算出し,棚卸評価額の計算には直前の在庫商品の平均単価を用いる方法である。
32.gif/image-size:491×164

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

移動平均法を用いて各時点における在庫評価額を計算していきます。

[4/18 売上150個]
払出単価には、直前の在庫商品の平均単価を用いるので、4/8時点の平均単価である12円になります。したがって払出合計額、および在庫合計額は以下のように計算できます。
  • [払出合計額] 12円×150個=1,800(円)
  • [在庫合計額] 12円×50個=600(円)
32_1.gif/image-size:491×149
[4/29 仕入50個]
仕入れ単価は16円、仕入合計額は800円なので、直前の在庫合計額にこの金額を加えます。
  • [在庫合計額] 600+800=1,400(円)
  • [在庫平均単価] 1,400円÷100個=14(円)
32_2.gif/image-size:491×149
以後4月中の取引はないため、この時点での在庫合計額1,400円が4月末時点の在庫評価額になります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop