会計・財務 (全50問中4問目)

No.4

ある商品の1年間の売上高が400万円,利益が50万円,固定費が150万円であるとき,この商品の損益分岐点での売上高は何万円か。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

損益分岐点とは、企業会計において、売上と費用が同額になる売上高、つまり利益が"ゼロ"となる売上高のことです。損益分岐点における売上高は以下の公式を用いて求めます。

 損益分岐点売上高=固定費÷(1−変動費率)
 変動費率=変動費÷売上高

この設問では変動費が示されていませんが、変動費は売上高から利益を差し引いて総費用を求め、さらに総費用から固定費を引くことで求められます。

 変動費=400−50−150=200(万円)

次に変動費から変動比率を計算します。

 変動比率=200÷400=0.5

固定費、変動比率がわかったので、上記の式に代入して損益分岐点売上高を求めます。

 150÷(1−0.5)=300(万円)

したがって「イ」が正解です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop