プログラミング・プログラム言語 (全9問中7問目)

No.7

プログラム言語に関する次の記述a〜cのうち,適切なものだけをすべて挙げたものはどれか。
  1. 機械語やアセンブリ言語で作成されたプログラムは,特定のCPUに依存することなく実行できる。
  2. コンパイラで変換されるプログラムは,最終的には機械語に変換されてから実行される。
  3. 人間の言葉に近い規則をもったプログラム言語(高水準言語)を活用すれば,機械語では実行できない複雑な演算が実行できるプログラムが開発できる。

分類

テクノロジ系 » アルゴリズムとプログラミング » プログラミング・プログラム言語

正解

解説

機械語(マシン語)は、CPUが直接理解し実行できるプログラム言語で、"1"と"0"の2値のみで表現されます。すべてのプログラミング言語で書かれたプログラムは、最終的に機械語に翻訳されないと実行することができません。

アセンブリ言語は、機械語を人間が読めるように、ほぼ1対1で機械語をニーモニックと呼ばれる命令語に置き換えたプログラム言語です。
  1. 誤りです。CPUの仕様が異なれば、機械語もそれぞれのCPUごとに異なります。
  2. 正しい。すべてのプログラミング言語で書かれたプログラムは、最終的に機械語に翻訳されないと実行することができません。
  3. 誤りです。高水準言語を含めて、すべての命令は機械語に翻訳してから実行されます。どんな複雑な演算でも、最終的には機械語の組合せとして実行されます。
したがって正しいのは b だけです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop