システム開発技術 (全101問中2問目)

No.2

システム開発のプロセスには,システム要件定義,システム方式設計,システム結合テスト,ソフトウェア受入れなどがある。システム要件定義で実施する作業はどれか。
  • 開発の委託者が実際の運用と同様の条件でソフトウェアを使用し,正常に稼働することを確認する。
  • システムテストの計画を作成し,テスト環境の準備を行う。
  • システムに要求される機能,性能を明確にする。
  • プログラム作成と,評価基準に従いテスト結果のレビューを行う。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

4つのプロセスではそれぞれ次の作業を実施します。
システム要件定義
業務全体に対して定義された利害関係者要件のうち、システムで実現する機能・性能を明らかにする工程。
システム方式設計
要求されるシステムを実現するために必要とされるハードウェア構成、ソフトウェア構成及び手作業を明確にする工程。
システム結合テスト
ソフトウェア・ハードウェアおよび手作業を結合し、相互の接続性を確認する工程。次に行われるシステム適格性テストの手順やテストケースの作成も行う。
ソフトウェア受入れ
完成したシステムが要求した機能や性能を満たしているかを利用者側の主導で検証する工程。
これを踏まえて選択肢の各作業が含まれるプロセスを判断します。
  • ソフトウェア受入れで実施されます。
  • システム結合テストで実施されます。
  • 正しい。システム要件定義で実施されます。
  • プログラミングおよび単体テストで実施されます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop