システム開発技術 (全99問中4問目)

No.4

システムの開発プロセスで用いられる技法であるユースケースの特徴を説明したものとして,最も適切なものはどれか。
  • システムで,使われるデータを定義することから開始し,それに基づいてシステムの機能を設計する。
  • データとそのデータに対する操作を一つのまとまりとして管理し,そのまとまりを組み合わせてソフトウェアを開発する。
  • モデリング言語の一つで,オブジェクトの構造や振る舞いを記述する複数種類の表記法を使い分けて記述する。
  • ユーザがシステムを使うときのシナリオに基づいて,ユーザとシステムのやり取りを記述する。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

ユースケース(Use Case)は、システムの振る舞いや利用方法をシステムの外部から記述したものです。システムの利用者を表す"アクタ(actor)"と併せて記述され、あるシナリオに基づいて特定の目的を達成しようとするアクタと、システムが提供するサービスの関係を記述します。UMLにはユースケースを記述するためのユースケース図が定義されています。
54.gif/image-size:422×287
  • データ中心アプローチの説明です。
  • オブジェクト指向開発の説明です。
  • UML(Unified Modeling Language)の説明です。
  • 正しい。ユースケースの説明です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop