システム開発技術 (全99問中87問目)

No.87

システム開発を外部に委託する場合に行う管理方法として,適切なものはどれか。
  • 委託形態にかかわらず,開発作業の管理責任やリスクはすべて発注元が負うので,発注元が委託先の従業員に直接指示を出す。
  • 一括請負であっても,開発プロジェクトのほかの一部を発注元が分担している場合は,発注元が委託先の従業員に直接指示を出す。
  • 一括請負の場合は,成果物を納入するまでの過程については,すべて委託先の責任とリスクで作業を実施するので,発注元が委託先の従業員に直接指示は出さない。
  • 人材派遣を受け入れた場合は,派遣者が担当する開発作業のリスクは,派遣元の会社が負うので,発注元が派遣者に直接指示は出さない。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

請負契約では、請負業者は委託元に対して納期までに成果物を納入すればよく、その過程や手段については請負業者に一任されています。委託元の企業は進捗や品質の監査などは行えますが、請負業者の従業員に直接指示を出して作業をさせることはできません。
一方、労働派遣契約の場合は派遣者が担当する開発作業のリスクは,発注元の会社が負います。したがって派遣労働者は発注元の会社の監督者の指示に従って作業に従事することになります。
  • 請負契約では、請負側が仕事の完成責任、および完成した仕事に対する瑕疵担保責任を負います。
  • 請負契約では、請負側の従業員は請負側の指揮命令に従って作業を行います。
  • 正しい。
  • 労働派遣契約では、派遣労働者は派遣先の指揮命令に従って作業を行います。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop