初級シスアド 平成20年秋期 問28

問28

プロトタイピングモデルの特徴として,適切なものはどれか。
  • 開発初期段階での試作を通じて,ユーザインタフェースの確定や,応答性などの性能確認を行い,後続段階での仕様変更による手戻りのリスクを減少させる。
  • 開発プロセスを繰り返しながら改良していく成長型モデルの一種である。各繰返しで,開発コストや品質などからリスクを評価し,リスクが最小となるプロセスをとる。
  • 短期間でシステム開発工程を一通り行って部分的に機能を完成させ,この作業を繰り返し,段階的にシステム全体を仕上げる。
  • 要求分析,システム設計,製造,テストの順に実行され,大規模システムの開発に向いている。

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

プロトタイピングモデルは、システム開発プロセスの早い段階でシステムの試作品をつくり、利用者にそのイメージを理解させ、承認を得ながら開発を進めていく開発モデルです。
試作品を使用した利用者からフィードバックを受けることで利用者の要求する仕様との整合性を開発の初期段階で確認することができ、手戻りを少なくできる利点があります。
  • 正しい。プロトタイピングモデルの特徴です。
  • インクリメンタルモデルの説明です。
  • スパイラルモデルの特徴です。
  • ウォータフォールモデルの説明です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop