初級シスアド 平成20年秋期 問54

問54

災害を想定した事業継続計画(BCP)を策定する場合に行うビジネスインパクト分析の実施事項はどれか。
  • BCPの有効性を検証するためのテストを実施する。
  • 許容される最大停止時間を決定する。
  • 代替手順や復旧手順について関係者を集め教育する。
  • 内外の環境の変化を踏まえBCPの内容を見直す。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H22秋期 問42
  • 基本情報技術者 H24春期 問42

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論

正解

解説

ビジネスインパクト分析とは、障害や災害によりシステムが停止した場合の事業への影響を評価する分析手法です。事業継続計画(BCP)策定の前提として行われ、分析の結果明らかになったビジネスへの影響度が高い項目について、許容可能な最大停止時間(MTD:Maximum Tolerable Downtime)や目標復旧時間(RTO:Recovery Time Objective)などを設定します。

障害や災害の発生時に、この許容可能な停止時間内にサービスが再開できるような内容のBCPを策定することが重要です。
  • BCM(Business Continuity Management:事業継続マネジメント)のプロセスにおける実施事項です。
  • BCM活動の1つです。
  • BCM活動の1つです。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop