初級シスアド 平成20年秋期 問76

問76

EDIを活用した電子商取引を実施する場合に必要となる取決めには,取引基本規約,業務運用規約,情報表現規約及び情報伝達規約の四つがある。これらに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 業務運用規約とは,TCP/IP,JCA手順などの通信方法を定めたものである。
  • 情報伝達規約とは,通信回線を介した接続方法を定めたものである。
  • 情報表現規約とは,システムの運用時間,障害対策などを定めたものである。
  • 取引基本規約とは,データフォーマットを定めたものである。
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H16春期 問79

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » e-ビジネス

正解

解説

EDI(Electronic Data Interchange)は、異なる組織間で取引のためのメッセージを通信回線を介して標準的な規約を用いて、コンピュータ(端末を含む)間で交換すること又はその仕組みのことです。

この問題で問われているように、EDIには大きく分けて以下の4つの規約(階層)があります。
レベル1 情報伝達規約
ネットワーク回線や伝送手順など文字通り情報をやり取りするための取り決め
レベル2 情報表現規約
データの構造やデータ項目など、表現法のルールなど情報データをお互いのコンピュータで理解できるようにするための取り決め
レベル3 業務運用規約
どんな情報をやり取りするか、情報の訂正方法やエラーの扱いなどの業務やシステムの運用に関する取り決め
レベル4 取引基本規約
検収時期、支払時期、支払方法などEDIにおける取引の法的有効性を確立するための取り決め
  • TCP/IP,JCA 手順などの通信方法は、情報伝達規約に定める項目です。
  • 正しい。
  • システムの運用時間,障害対策などは、取引基本規約に定める項目です。
  • データフォーマットは、情報表現規約に定める項目です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop