ITパスポート 平成21年秋期 問18

問18

企業会計を財務会計と管理会計に分類したとき,管理会計の特徴を表したものはどれか。
  • 一会計期間ごとに決算を行い,貸借対照表や損益計算書などの財務諸表の作成が強制される。
  • 企業の経営者が,株主や債権者などの企業外部の利害関係者に対して会計報告を行う。
  • 財務諸表規則や企業会計規則,各種会計基準などの会計法規に準拠した会計処理を行なう必要がある。
  • 部門,製品,地域別の予算統制,利益管理,業務評価など,経営判断のための内部報告書を作成する。

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

一般に企業会計は、財務会計と管理会計に分類されます。
財務会計
税務署に提出したり利害関係者に会社の財務状況を知らせたりするための会計で、一年間を通して会計帳簿をつけそれをもとに貸借対照表、損益計算書、株主資本等変動書、キャッシュフロー計算書などを作成する。
管理会計
現在までのデータを集計し、原価分析や収益性分析、目標利益の達成に関連する限界利益や損益分岐点、また投資案の効果の算出など、組織の意思決定や業績向上に資する会計活動を行う。
したがって「エ」が正解です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop