ITパスポート 平成21年秋期 問2

問2

パレート図の使用が最も適切である分析対象はどれか。
  • 生産工程の信頼性
  • 製品の重量のばらつき
  • 品質不良の要因ごとの構成比率
  • 二つの変動要素の間の関係

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » OR・IE

正解

解説

パレート図とは、項目別に集計したデータを量が多い順に並べた棒グラフと、構成比率を表す折れ線グラフを組み合わせた複合グラフです。

品質不良の要因ごとの構成比率をパレート図でグラフ化することで、全体の中で多い不良の要因の分析や、改善対象として最も効果が高い要因を発見できるなどの利点があります。
  • パレート図では生産工程の信頼性は分析できません。
  • 管理図が適しています。
  • 正しい。パレート図が適しています。
  • 散布図が適しています。
02.gif/image-size:303×198
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop