ITパスポート 平成21年秋期 問20

問20

ICカードと磁気カードの偽造に対する安全性の比較に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • ICカードは,ICチップへの情報の格納や情報の暗号化を行っているので,磁気カードに比べて偽造されにくい。
  • ICカードは,情報の記録に二次元コードを使うので,磁気カードに比べて偽造されにくい。
  • 磁気カードは,磁気ストライプに情報を格納しており,ICカードに比べて情報を保護する仕組みが複雑で偽造されにくい。
  • 磁気カードは,情報の記録にバーコードを利用しており,ICカードに比べて偽造されにくい。

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » ビジネスシステム

正解

解説

ICカードは、カード表面に薄いICチップを埋め込み、情報を格納できるようにしたカードです。
磁気カードと比べると1000倍のデータを記録できデータの暗号化も可能なので、電子マネーなどに利用されています。安全性が求められるクレジットカードや銀行のカードは、順次ICカードへの切り替えが行われています。
20.gif/image-size:200×121
  • 正しい。
  • ICカードは、情報の記録に半導体集積回路(ICチップ)を使います。
  • 磁気カードは、磁気で記録しているため、外部の強い磁気に影響を受けカードが使えなくなってしまうことがあります。
  • 磁気カードは、スキミングによって容易に情報を盗まれてしまいます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop