ITパスポート 平成21年秋期 問34

問34

プロジェクトを管理する上で,プロジェクトマネージャが考慮すべき制約条件の組合せとして,適切なものはどれか。
  • 対象範囲,納期,予算
  • 対象範囲,納期,リスク
  • 対象範囲,予算,リスク
  • 納期,予算,リスク

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

一般にプロジェクトは、対象範囲(スコープ)、納期(スケジュール)、予算(コスト)の3つの制約の上に成り立っています。このバランス関係は「プロジェクト管理の三角形」と呼ばれ、どれか1つに変更があった場合には、他の2つの要素のうち少なくとも1つは変更しなくてはならないことを示します。以下はその具体例です。
  • スケジュールを短縮する → スコープを狭める、または人員や機器を増やす
  • 予算を縮小する → スコープを狭める、または実施する作業を少なくする
  • スコープを広げる → 予算を増やしてプロジェクト期間を延長する
プロジェクトマネジメントにおいてはリスク管理も考慮すべき事項ですが、制約条件ではありません。したがって「ア」の組合せが適切です。
34.gif/image-size:269×212
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop