ITパスポート 平成21年秋期 問38

問38

ソフトウェア保守に含まれるものはどれか。
  • 工程内に開発が終わらないことが分かり,あらかじめ開発要員を増員する。
  • 障害を引き起こす可能性のあるプログラムを見つけ,あらかじめ修正する。
  • 取り扱うデータ量が増えてきたので,あらかじめディスクを容量の大きなものに変更する。
  • 要求仕様からプログラムの開発量を,あらかじめ予測する。

分類

マネジメント系 » システム開発技術 » システム開発技術

正解

解説

ソフトウェア保守とは、運用開始後のソフトウェアに対しての変更や機能改善への対応、プログラムの欠陥(バグ)への対応、ビジネス環境の変化に応じたプログラムの修正作業などを実施することや、それらを実施するプロセスです。保守作業は、「修正保守」と「予防保守」に大別されますが、プログラム内に潜むバグを発見し、障害を未然に防ぐ作業は予防保守に該当します。したがって「イ」が正解です。
  • プロジェクト管理で実施する作業です。
  • 正しい。ソフトウェア保守で実施する作業です。
  • ハードウェア保守で実施する作業です。
  • ソフトウェアの設計工程で実施する作業です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop