ITパスポート 平成21年秋期 問51

問51

プロジェクトのスケジュールを短縮する方法について説明したものはどれか。
  • ウォータフォール型のシステム開発をスパイラル型に変更する。
  • クリティカルパスの期間を厳守するために,クリティカルパスにない作業の順序を変更する。
  • 順番に行うように計画した作業を並行して行うように変更する。
  • プロジェクトの全期間で,メンバの作業負荷をできるだけ一定になるように調整する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

一般的にプロジェクトのスケジュールを短縮するには、通常は順番に行う作業を前倒して並行作業を行う方法と、クリティパスパス上の作業に対して人員や機器を追加して完了を早める方法の2つがあります。
選択肢の中では並行作業を行う「ウ」の方法だけが、スケジュールの短縮に繋がります。
  • スパイラル型はシステムの一部の開発を繰り返しながら徐々に全体を完成されていく開発モデルですが、ウォータフローモデルよりスケジュールが短縮されるわけではありません。
  • スケジュールの短縮にはクリティカルパス上の作業を短くするか、ほかの作業を短くしてクリティカルパスを変えることが求められます。その他の作業の順序を変更しても短縮にはなりません。
  • 正しい。
  • 作業負荷の均一化はスケジュールの短縮とは関係ありません。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop