ITパスポート 平成21年秋期 問66

問66

セキュリティ事故の例のうち,原因が物理的脅威に分類されるものはどれか。
  • 大雨によってサーバ室に水が入り,機器が停止する。
  • 外部から公開サーバに大量のデータを送られて,公開サーバが停止する。
  • 攻撃者がネットワークを介して社内のサーバに侵入し,ファイルを破壊する。
  • 社員がコンピュータを誤操作し,データが破壊される。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ

正解

解説

セキュリティ事故の原因には、大きく分けて物理的、人的、技術的の3つがあります。
物理的脅威とは、災害などによって機器が破損したり、落雷などで電源障害になってしまったりする事故のことを言います。物理的脅威への対策には、転倒防止/落下防止などの地震対策、UPS・自家発電装置などの電源障害対策、不活性ガスによる火災対策などがあります。また設備の整ったデータセンタを活用することも効果的です。
  • 正しい。物理的脅威に分類されます。
  • 技術的脅威に分類されます。
  • 技術的脅威に分類されます。
  • 人的脅威に分類されます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop