ITパスポート 平成22年春期 問54

問54

Xさんは,Yさんにインターネットを使って電子メールを送ろうとしている。電子メールの内容を秘密にする必要があるので,公開鍵暗号方式を用いて暗号化して送信したい。電子メールの内容を暗号化するのに使用する鍵はどれか。
  • Xさんの公開鍵
  • Xさんの秘密鍵
  • Yさんの公開鍵
  • Yさんの秘密鍵
  • [この問題の出題歴]
  • 基本情報技術者 H25春期 問39
  • 基本情報技術者 H27秋期 問38
  • ソフトウェア開発技術者 H15春期 問76
  • ソフトウェア開発技術者 H17春期 問70

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

公開鍵暗号方式は、受信者の鍵を使って暗号化・復号化をする暗号化通信方式です。

送信者は、受信者の公開鍵を使って暗号化したデータを送信し受信者は自分の秘密鍵を使ってデータを復号します。考え方としては暗号化は誰でもできるが復号できるのは、受信者だけということです。データが途中で傍受されても復号はできませんので安全性が確保されます。通信相手が複数いても必要となる鍵の数は1つだけでよく、共通鍵暗号方式で問題のあった事前の鍵送付・鍵の数の多さを克服した暗号方式です。
ただし暗号化・復号化するのにかかる時間は共通鍵暗号方式に比べて長いので、インターネット通信に使われるSSLでは、両方を組み合わせたハイブリッド方式が用いられています。

問題の場合、XさんがYさんに電子メールを送ろうとしているので暗号化に使用する鍵は、受信者 Yさんの公開鍵になります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop