ITパスポート 平成25年秋期 問23

問23

ソフトウェア製品において,意匠法による保護の対象となるものはどれか。
  • ソフトウェア製品によって実現されたアイディア
  • ソフトウェア製品の商品名
  • ソフトウェア製品の操作マニュアルの記載内容
  • ソフトウェア製品を収納するパッケージのデザイン

分類

ストラテジ系 » 法務 » 知的財産権

正解

解説

意匠法は、工業上の利用性があり、製品の価値や魅力を高める形状・デザインに対する権利(意匠権)を保護する法律です。知的財産権のうち特許権などと同じ産業財産権に分類され、権利存続期間は登録から20年です。
  • 革新的なアイデアに対して認められる権利(実用新案権)は実用新案法で保護されます。
  • 商品・サービス名やロゴマークなどは商標法で保護されます。
  • 操作マニュアルは著作物に該当するので著作権法で保護されます。
  • 正しい。工業デザインは意匠法で保護されます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop