ITパスポート 平成26年春期 問42

問42

システム開発プロジェクトのWBS作成における要素分解に関する説明として,適切なものはどれか。
  • システム開発の成果物を作成するために必要なコストや所要時間を見積もることができ,それらが管理できるレベルまで要素分解をすることが望ましい。
  • システム開発を外部に発注する場合は,成果物を発注先が作成するので成果物の要素分解を全て発注先に一任する。
  • プロジェクトの進捗報告会議はコミュニケーション手段なので要素分解の対象としない。
  • 類似システムの開発経験があれば,新たに要素分解をしなくてもよい。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

WBS(Work Breakdown Structure)は、プロジェクト目標を達成し、必要な成果物を過不足なく作成するために、プロジェクトチームが実行すべき作業を、成果物を主体に階層的に要素分解したものです。
42.gif/image-size:409×329
  • 正しい。WBSで分解後、最下層に位置する作業単位はプロジェクト実行中のコントロール単位となるので、個々にコストや所要期間を設定できる程度まで分解する必要があります。
  • 委託開発の場合は、委託先にWBSの提出を要求し、洗い出された作業をチェックしなくてはなりません。
  • 進捗報告会議も行うべき作業なので要素分解の対象になります。
  • 類似プロジェクトのWBSを参考にすることで作業の漏れを防止できる効果がありますが、全く同じであることはないためプロジェクトごとに要素分類を行わなくてはなりません。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop