ITパスポート試験 用語辞典

BCM【Business Continuity Management】びーしーえむ
企業が事業を継続するためにBCPを策定し、その運用や見直し、または教育や訓練などを包括的に行う経営管理手法のこと。
別名:
事業継続管理
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論
出題歴:
27年秋期問7 
重要度:

(Wikipedia 事業継続マネジメントより)

事業継続マネジメント(じぎょうけいぞくマネジメント、BCM: Business continuity management)とは、リスクマネジメントの一種であり、企業がリスク発生時にいかに事業の継続を図り、取引先に対するサービスの提供の欠落を最小限にするかを目的とする経営手段である。できあがった成果物を事業継続計画BCP)という。

定義

英国規格協会のPAS56「事業継続マネジメントの指針: Guide to Business Continuity Management」では次のように定義されている。
組織を脅かす潜在的なインパクトを認識し、利害関係者の利益、名声、ブランド及び価値創造活動を守るため、復旧及び対応力を構築するために有効な対応をおこなうフレームワーク、包括的なマネジメントプロセス。

米国と豪州ではBCMに明確な定義をしていない。従って使い方は曖昧なところがあるが、「事業継続を実施する施設(全社、拠点)と実施するレベル(完全復旧、部分復旧)を経営者が判断する」としての使用が大勢を占めている。なお、Australian National Audit Office (ANAO)は次のように説明している。

The difference between business continuity and disaster recovery is not a,what' but a,whose'. Business continuity now appears on the boardroom agenda, but there was a time when disaster recovery was relegated to one corner of the computer room. Planning for business continuity should be a top-level concern for enterprises, considering the potentially devastating financial and organizational impact of a disaster.

防災訓練との違い

防災訓練では特定の災害が発生したことを想定して訓練するのに対し、BCMに於ける演習では原因である災害をあえて特定せず、結果として起こり得る状況に対しての訓練を行う。BCPで取り決めた個々の機能や手順が有効かどうかを体系的・網羅的にテストすることで、防災訓練と比較して実際的な効果がある。また、演習・訓練だけでなく、緊急連絡先などの情報に対する維持管理や設備・機材の点検整備、備蓄品の在庫管理といった平時における運用手段を確立する点も大きな特徴と言える。

出題例

地震,洪水といった自然災害,テロ行為といった人為災害などによって企業の業務が停止した場合,顧客や取引先の業務にも重大な影響を与えることがある。こうした事象の発生を想定して,製造業のX社は次の対策を採ることにした。対策aとbに該当する用語の組合せはどれか。

〔対策〕
  1. 異なる地域の工場が相互の生産ラインをバックアップするプロセスを準備する。
  2. 準備したプロセスへの切換えがスムーズに行えるように,定期的にプロセスの試験運用と見直しを行う。

正解

「経営・組織論」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「事業継続マネジメント」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop