落ちました

Gさん
(No.1)
今日試験を受けて590点で不合格となりました。
内訳は、ストラテジ465点、マネジメント570点、テクノロジ575です。
過去問の正答率は70%ほどでしたが、勉強してきた自信はありました。また、参考書では目にしたことが無い問題も多数見受けられました。
1ヶ月勉強を続けてきたのにこんな結果で終わりたくありません。どうすればいいでしょうか?
2020.10.17 21:36
ふーすけさん
(No.2)
惜しかったですね。

過去問の正解率、8割はほしいところです。
また、本番では10%程度は正解率が下がると思っていたほうが無難です。

点数を見る限り、あともう一息だと思います。
もう一度参考書を読み返し、過去問とシラバスを中心に学習し、
正解率8割超えを目指すと良いかと思います。

本番では見たこと無い用語も出ますが、考えても仕方ないので割り切りましょう。
問題数は100問ですが、採点対象は92問です。
残りの8問は今後の参考問題として出されるようなので、
見たこと無いような問題は採点対象外なんだろうな、と思うようにすると気が楽です。
実際、どの問題が採点対象外なのかは分からないですけどね。。
2020.10.17 22:08
Gさん
(No.3)
この投稿は投稿者により削除されました。(2020.10.18 08:33)
2020.10.18 08:33
だいちさん
(No.4)
あと10点ですね..。

既に合格レベルに近い状況ではありますので、
近いうちに再度受験されるのでしたらストラテジを重点的にやられるべきだと思います。

もちろん、マネジメントもテクノロジも全然点数は上げられます。


この試験はCBTなので、同じ問題が出ることはほぼ皆無に等しいです。

勉強時に以下のことを意識されましたか?
①参考書を隅から隅まで読んで全体像を理解する。
②用語の意味をそのまま覚えるのではなく、関連付けながら理解する。(用語の聞き方が変わった瞬間、解けなくならないようにするため。)
③過去問を勉強した際、答えをそのまま覚えずに、解説を読んで理解をした。
④シラバス4.0(4.1)はしっかりと勉強したか?
⑤計算問題を勉強したか。(していなければ、他に重点的にあてたか)


用語問題は、他の選択肢と照らし合わせると似たような用語もあります。
他にも、聞き方が違っても同じ用語である場合もよくあります。
そういった時に、柔軟に対応できるかがこの試験は大切です。


過去問は間違えた時は、なぜ間違えたのか。
他の選択肢はなぜ正解ではないのか。
→これが非常に大切です。

初見時の問題でも基礎力が不可欠ですので、
そういった時でも落ち着いて対応できるかです。


参考書を読まれたときに、部分的ではなく全体的に読んだか。
部分的に読むと、理解に苦しみやすいのと頭の中でごちゃごちゃします。

再度受験される予定がありましたら、何回も何回も繰り返し参考書を読んで理解すると、
点数も大きくupするかと思います。



シラバス4.1(4.0)の用語の出題割合が高まっています。
ここを勉強するかしないかで結構差が出てくるので、ここは重点的に理解しましょう。


計算問題は基本最後に解きましょう。
理解できている・簡単そうであれば先に解いてしまいましょう。
無理であれば、余った時間で解き、消去法で選ぶのも一つの手です。


合格まで目の前のところですので、
自信を持って頑張ってください。
2020.10.19 19:26
Gさん
(No.5)
ありがとうございます。
頑張ります。
2020.10.21 19:17

返信投稿用フォーム


※CBT方式においては出題内容の公開は禁止されているため、合格者に出題内容を尋ねたり、出題内容を特定できる類の投稿を禁止します。
※宣伝や迷惑行為を防止するため当サイトとIPAサイト以外のURLを含む記事の投稿は禁止されています。

投稿記事削除用フォーム

投稿番号:
パスワード:

その他のスレッド


Pagetop