経営・組織論(全49問中7問目)

企業がコンプライアンスを推進する上で,配慮が必要なものだけを全て挙げたものはどれか。

  1. 加盟する業界団体の定めたガイドライン
  2. 社会通念や慣習
  3. 社内規則
  4. 法律

出典:平成31年春期 問27

  • a,b,c,d
  • a,c,d
  • b,c,d
  • c,d
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:経営・組織論
コンプライアンスとは、企業倫理に基づき、ルール、マニュアル、チェックシステムなどを整備し、法令や社会規範を遵守した組織活動を行うことをいいます。

近年、不正会計や品質データ改ざん、外食チェーンにおける不適切なSNS投稿などのように、法令や業界のガイドライン及び社会倫理に違反した行為の発覚により、組織への信頼が失墜したり、その問題の波及が事業継続に大きな影響を与えたりする事例が頻発しています。こういった問題が起こる背景には、コンプライアンス意識の不足があることが多いため、就業規則等の内部規程を整備するとともに授業員に対するコンプライアンス教育を行うなど、コンプライアンスの推進に取り組む組織が増加しています。

コンプライアンスの遵守には、法令はもとより、各種ガイドライン、社内規則、社会倫理、社会通念、慣習なども含まれてます。したがって、正解は「a,b,c,d」全てになります。

Pagetop