業務分析・データ利活用(全43問中11問目)

複数人が集まり,お互いの意見を批判せず,質より量を重視して自由に意見を出し合うことによって,アイディアを創出していく技法はどれか。

出典:平成28年秋期 問15

  • ブレーンストーミング
  • ベンチマーキング
  • ロールプレイング
  • ワークデザイン
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:業務分析・データ利活用
ブレーンストーミング(Brain storming)は、多様なアイディアを幅広く集めるために行われるグループ討議の方法で、問題の解決策や新しいアイディアの考案を試みる際に行われます。
通常の討議とは少し変わっており、参加者が遠慮せずにさまざまな意見を発言できるように、批判の禁止・自由奔放・質より量・結合/便乗歓迎というルールに則って行われます。「ブレスト」と略されることもあります。

したがって「ア」が正解です。
  • 正しい。
  • ベンチマーキングは、自社の製品・サービス及びプロセスを定量的・定性的に測定し、それを業界で最も成功を収めている企業(ベスト企業)のものと比較し、そのギャップを分析する手法です。
  • ロールプレイングは、現実に起こる場面を想定して、複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、ある事柄が実際に起こったときに適切に対応できるようにする教育技法です。
  • ワークデザイン法は、最初に理想のシステム像を設定し、現状を理想システムに進歩させるために行うべき行動を整理していく手法です。

Pagetop