会計・財務(全71問中1問目)

A社のある期の資産,負債及び純資産が次のとおりであるとき,経営の安全性指標の一つで,短期の支払能力を示す流動比率は何%か。
28.gif

出典:令和4年春期 問28

  • 50
  • 100
  • 150
  • 200
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:企業活動
小分類:会計・財務
流動比率は、流動負債に対する流動資産の割合を示す財務指標で、この値が高いほど企業の短期支払い能力は高いと判断されます。一般的には200%以上あれば問題ないとされ、逆に100%を下回っていると危険な状態にあると判断されます。

 流動比率(%)=流動資産÷流動負債×100

流動資産とは概ね1年以内に現金化できる資産のことで、現預金、売掛金、受取手形、前払金、棚卸資産などが含まれます。流動負債とは概ね1年以内に支払期限を迎える負債のことで、買掛金、支払手形、未払費用、短期借入金などが含まれます。

設問の貸借対照表より流動資産は3,000百万円、流動負債は1,500百万円なので、A社の流動比率(%)は、

 3,000÷1,500×100=200%

したがって「エ」が正解です。 

Pagetop