離散数学(全36問中19問目)

"商品値引き"表に示すとおり,値引き率が異なる商品群がある。30個買ったときに最も合計価格が安いのは,どのIDの商品か。ここで,値引き数量以上の個数を購入した場合に,合計価格に対して値引率で示す値引きが適用されるものとする。
65.gif

出典:平成24年秋期 問65

  • 0001
  • 0002
  • 0003
  • 0004
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:基礎理論
小分類:離散数学
すべての商品について30個購入した場合の金額を計算していきます。ポイントは購入個数が30個なので、購入個数が値引き数量以上である"0001"と"0003"の商品には値引きが適用されますが、"0002"と"0004"には値引きが適用されないという点です。
  • 30個以上の購入なので合計金額が30%安くなります。
    30円×30個×(1-0.3)=630円
  • 購入個数が値引き数量未満なので値引きはありません。
    25円×30個=750円
  • 30個以上の購入なので合計金額が50%安くなります。
    40円×30個×(1-0.5)=600円
  • 購入個数が値引き数量未満なので値引きはありません。
    35円×30個=1,050円
したがって、合計金額が最も安くなるのは商品ID「0003」の商品です。

Pagetop