入出力デバイス(全24問中9問目)

USBに関する記述のうち,適切なものはどれか。

出典:平成29年秋期 問82

  • PCと周辺機器の間のデータ転送速度は,幾つかのモードからPC利用者自らが設定できる。
  • USBで接続する周辺機器への電力供給は,全てUSBケーブルを介して行う。
  • 周辺機器側のコネクタ形状には幾つかの種類がある。
  • パラレルインタフェースであり,複数の信号線でデータを送る。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:コンピュータ構成要素
小分類:入出力デバイス
  • USBには4種類の転送モードがありますが用途に応じて自動的に選択され、利用者が選ぶことはできません。
  • バスパワーの給電能力は限られているため、機器によっては電源が別に用意されていることもあります。
  • 正しい。2017年現在、USB-A、USB-B、USB-Cの3種類があり、さらにAとBにはMINIとMICROタイプが存在します。なおTypeCは、上下左右が対称なのでどちらの向きでも接続できます。
    82.gif
  • USBはシリアルインタフェース規格です。
アイソクロナス、インタラプト、コントロール、バルクの4つ

Pagetop