システムの構成(全38問中15問目)

2系統の装置から成るシステム構成方式 a~c に関して,片方の系に故障が発生したときのサービス停止時間が短い順に左から並べたものはどれか。

  1. デュアルシステム
  2. デュプレックスシステム(コールドスタンバイ方式)
  3. デュプレックスシステム(ホットスタンバイ方式)

出典:平成27年秋期 問82

  • aの片系装置故障,cの現用系装置故障,bの現用系装置故障
  • bの現用系装置故障,aの片系装置故障,cの現用系装置故障
  • cの現用系装置故障,aの片系装置故障,bの現用系装置故障
  • cの現用系装置故障,bの現用系装置故障,aの片系装置故障
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:システム構成要素
小分類:システムの構成
それぞれのシステム構成は機器を二重化して障害発生に備えるものです。
デュアルシステム
同じ処理を2組のコンピュータシステムで行い、その結果を照合機でチェックしながら処理を進行していくシステム構成。障害発生時には、問題のある側のシステムをメイン処理から切り離し、残された側のシステムのみで処理を続行しつつ、障害からの回復を図る。
障害発生に切れ目なく処理を続けることが可能。
デュプレックスシステム
現用系と予備系からなる2系列の処理システム構成。通常時は現用系でオンライン処理、予備系でバッチ処理を行うが、現用系の障害発生時には、現用系で行っていたオンライン処理を予備系に引き継ぎ処理を継続する。
予備系の待機状態によって「ホットスタンバイ」と「コールドスタンバイ」に大別される。
[ホットスタンバイ]
あらかじめ現用系と同様のシステムを予備系に起動しておき、障害発生時には自動的に処理を引き継ぎ業務を継続する方式。

[コールドスタンバイ]
平常時には予備系で別の処理を行わせておく方式,または予備系の電源を切った状態で待機させておく方式。障害発生時はシステムを再起動し、業務システムを立ち上げて処理の引き継ぎを行う。
3つの方式の特徴から障害発生時の停止時間には以下の関係があります。
82.gif
したがって停止時間の短い順に並べると「a,c,b」になります。

Pagetop