知的財産権(全59問中41問目)

インターネットを利用した企業広告に関する新たなビジネスモデルを考案し,コンピュータシステムとして実現した。この考案したビジネスモデルを知的財産として,法的に保護するものはどれか。

出典:平成24年秋期 問 9

  • 意匠法
  • 商標法
  • 著作権法
  • 特許法
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:知的財産権
特許法は、物や技術の発明を保護するものだと認識されていることが多いですが、ビジネス方法に係る発明も保護の対象となります。これらビジネスモデルに係る発明は「ビジネスモデル特許」と呼ばれ、一般にはより狭義の、インターネットとソフトウェアを組み合わせることで実現したビジネス方法に認められる特許という意味で用いられています。
  • 意匠法は、工業上の利用性があり、製品の価値や魅力を高める形状・デザインを保護する法律です。
  • 商標法は、商品の名称やロゴマークなどを保護する法律です。
  • 著作権法は、知的財産権の中でも文化・芸術に関するものにおいて、著作者が自身の著作物を独占的に扱う権利を保護する法律です。
  • 正しい。

この問題の出題歴


Pagetop