セキュリティ関連法規(全35問中34問目)

不正アクセス禁止法において違法となる行為はどれか。

出典:平成21年春期 問24

  • インターネット通信販売の広告において,事業者氏名などの表示義務を怠った。
  • 音楽用CDを,無断で複製し販売した。
  • 個人情報を含む名簿を,無断で名簿業者などに販売した。
  • 他人のIDを無断で使用して,インターネットオークションに出品や入札をした。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:法務
小分類:セキュリティ関連法規
不正アクセス禁止法は、本人の許可無く他人のIDやパスワードを使ってネットワークに接続されたコンピュータに進入(認証が必要なページにアクセス)することを禁止する法律です。さらに実際に不正アクセスを行う行為だけでなく、他人に許可無く、第三者にIDやパスワードを教える行為(不正アクセスをほう助する行為)も処罰対象となります。
  • 特定商取引法違反にあたる行為です。
  • 著作権法違反にあたる行為です。
  • 個人情報保護法違反にあたる行為です。
  • 正しい。不正アクセス禁止法の違法行為です。

Pagetop