データベース設計(全34問中34問目)

データベースを扱う場合,レコードを特定するキーが必要である。ある学年の“生徒管理”表において,レコードを特定するキーとして,適切なものはどれか。

出典:サンプル問題1 問61

  • 氏名
  • 住所
  • 生徒番号
  • 生年月日
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:データベース設計
データベースでは、1つの行(レコード)を一意に識別できるようになっている必要があります。このレコードを一意に識別できる値をもつ列(属性)を主キーといいます。

表の主キーとなるには他のレコードを重複しない値をもつことが条件なので、レコードごとに割り当てられた識別コードが主キーとなる場合が多いです。
  • 同姓同名の生徒が存在する可能性があるため、主キーとして不適切です。
  • 兄弟など同一住所の生徒を識別できないため、主キーとして不適切です。
  • 正しい。生徒番号は、生徒ごとに異なる番号であるため各レコードを一意に特定することができます。
  • 双子など同年同日生まれの生徒を識別できないため、主キーとして不適切です。

Pagetop