トランザクション処理(全24問中6問目)

DBMSにおいて,一連の処理が全て成功したら処理結果を確定し,途中で失敗したら処理前の状態に戻す特性をもつものはどれか。

出典:平成30年秋期 問75

  • インデックス
  • トランザクション
  • レプリケーション
  • ログ
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:データベース
小分類:トランザクション処理
トランザクション(Transaction)は、コンピュータで扱う一連の意味のある処理のまとまりのことで、データベースの処理においては更新処理単位という意味があります。

トランザクションは、整合性や完全性を維持するため必要なひとまとまりの処理ですから、その一部の処理だけが実行されて終わるようなことは許されません。例えば口座間の送金処理において、送金元口座の残高を減らす処理だけが行われ、送金先口座の残高を増やさずに処理が終了するなどということはあってはなりませんよね。DBMSは、トランザクションが必ず「全ての処理が成功して確定する」か「全く行われなかったか」のどちらかの状態で終了するように制御します。このようにトランザクションが分割できない単位であることを示す特性をトランザクションの原子性といいます。

したがって、設問の記述は「トランザクション」について説明したものになります。
  • インデックスは、索引とも呼ばれ、データベースへのアクセス効率を向上させるために、検索対象となる1つ以上の列(属性)に対して設定される仕組みです。
  • 正しい。
  • レプリケーションは、DBMS(データベースマネジメントシステム)が持つ機能の一つで、データベースに加えた変更を他の別のネットワーク上にある複製データベースに自動的に反映させる仕組みです。
  • DBMSにおけるログは、トランザクションで操作されるデータの操作前・操作後の状態を記録したファイルです。ジャーナルファイルとも呼ばれます。

Pagetop