ネットワーク方式(全65問中3問目)

IoTエリアネットワークの通信などに利用されるBLEは,Bluetooth4.0で追加された仕様である。BLEに関する記述のうち,適切なものはどれか。

出典:令和4年春期 問92

  • Wi-Fiのアクセスポイントとも通信ができるようになった。
  • 一般的なボタン電池で,半年から数年間の連続動作が可能なほどに低消費電力である。
  • 従来の規格であるBluetooth3.0以前と互換性がある。
  • デバイスとの通信には,赤外線も使用できる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク方式
BLE(Bluetooth Low Energy)は、無線通信規格Bluetoothの一部で、"Low Energy"の名前のとおり低消費電力に特化した通信モードです。ボタン電池1個で数カ月から数年間の連続稼働ができるほど省電力性に優れ、低コストであることからIoTネットワークでの活用が期待されてます。最大通信距離は選択する速度によって異なりますが10m~400m程度です。
  • 無線LANとは通信方式が異なるため互換性はありません。
  • 正しい。BLEは、主にIoT向けの低消費電力の無線通信方式です。
  • Bluetooth3.0以前とは通信方式が異なるため互換性はありません。
  • 通信には従来からのBluetoothと同じく2.4GHz帯の電波を使用します。赤外線は使用できません。

Pagetop