ネットワーク応用(全80問中50問目)

電子メールの宛先入力欄におけるBccに関する記述として,適切なものはどれか。

出典:平成26年秋期 問64

  • Bccに指定した宛先には,自動的に暗号化された電子メールが送信される。
  • Bccに指定した宛先には,本文を削除した件名だけの電子メールが送信される。
  • Bccに指定した宛先のメールアドレスは,他の宛先には通知されない。
  • Bccに指定した宛先は,配信エラーが発生したときの通知先になる。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク応用
bcc(Blind Carbon Copy)は、電子メールにおける送信先指定方法の1つで、toで指定した送信先以外に、メールのコピーを送信しておきたい相手を指定する機能のことです。
この指定を用いると、toの相手及びbccで指定した相手に、自分以外の送り先のアドレスが通知されないため、toの相手とbccの相手の相互間で電子メールアドレスを知られたくない場合に使用します。

したがってbccの適切な動作を説明した記述は「ウ」になります。

Pagetop