ネットワーク応用(全80問中73問目)

ADSL回線に関する記述として,適切なものはどれか。

出典:平成22年春期 問62

  • ADSLモデムから収容局までの一部区間で,光ファイバ回線を使用してもよい。
  • ADSLモデムから収容局までの距離に関係なく常に一定の通信速度を維持する。
  • アナログ電話とPCを同時利用すると,単独利用に比べて通信速度が低下する。
  • ダウンロード時の通信速度はアップロード時の通信速度に比べて速い。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:ネットワーク
小分類:ネットワーク応用
ADSL回線は、既存のアナログ回線の利用されていなかった帯域を使い、上り(アップロード)・下り(ダウンロード)の速度が異なる高速通信を行う技術です。上りは数百kB~数MB/秒、下りは数MB~数十MB/秒の速度で通信ができます。
  • 既存のアナログ回線を利用した技術です。
  • ADSLモデムから収容局までの距離が遠くなるほど通信速度が遅くなる特徴があります。
  • ISDNの説明です。電話とは別の帯域を利用するのでADSLではこのような現象は起こりません。
  • 正しい。ADSL回線の説明です。

Pagetop