情報セキュリティ管理(全105問中102問目)

No.102解説へ
システムのアクセスに使用している通信ケーブルを誤って切断した。このとき,情報セキュリティのマネジメント要素のうち,どれが低下したことになるか。

出典:平成21年秋期 問81

  • 可用性
  • 完全性
  • 機密性
  • 保全性
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ管理
情報セキュリティマネジメントでは、次の3つの要素を維持することが重要とされています。
機密性(Confidentiality)
許可された正規のユーザだけが情報にアクセスできる特性を示す。
完全性(Integrity)
情報が完全で、改ざん・破壊されていない特性を示す。
可用性(Availability)
システムが正常に稼働し続けること。ユーザが必要な時にシステムが利用可能である特性を示す。
通信ケーブルを誤って切断すると、システムの通信機能に不具合が生じ、一部の機能が利用できなくなることが予想されます。したがって情報セキュリティのマネジメント要素のうち、低下する要素は可用性です。

Pagetop