情報セキュリティ管理(全105問中75問目)

ISMSの運用において,監査結果をインプットとし,ISMSを継続的に改善するための是正処置及び予防処置を行うプロセスはPDCAサイクルのどれにあたるか。

出典:平成27年春期 問75

  • P
  • D
  • C
  • A
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ管理
PDCA(ピーディーシーエー)は、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(見直し・改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する手法です。

ISMSにおいてのPDCAサイクルは、以下のようになっています。
  • Plan:リスクアセスメント,情報セキュリティポリシーの策定
  • Do:計画段階で選択した対策の導入・運用
  • Check:ISMSの監視及びレビュー
  • Act:ISMSの維持及び改善
設問中では監査が「C:Check」に該当します。それをインプットとした是正・予防措置を行うプロセスなのでPDCAサイクルの順序から考えると「A:Act」が適切です。

Pagetop