情報セキュリティ対策・実装技術(全198問中127問目)

No.127解説へ
PCのブラウザでURLが"https://"で始まるサイトを閲覧したときの通信の暗号化に関する記述のうち,適切なものはどれか。

出典:平成27年春期 問83

  • PCからWebサーバへの通信だけが暗号化される。
  • WebサーバからPCへの通信だけが暗号化される。
  • WebサーバとPC間の双方向の通信が暗号化される。
  • どちらの方向の通信が暗号化されるのかは,Webサーバの設定による。
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
ブラウザのアドレスバーのURLが"https://"で始まっているページは、WebサーバとPC間のやり取りにHTTPS通信が使用され、通信経路上のデータ(HTTPリクエスト・HTTPレスポンス)が暗号化されていることを意味します。
HTTPS(HTTP over SSL/TLS)
WebサーバとWebブラウザがデータを安全に送受信するために、SSL/TLSプロトコルによって生成されるセキュアな接続上でデータのやり取り(HTTP通信)を行う方式
SSL/TLSでは、サーバ(及び、クライアント)認証後、安全な方法で共通鍵を共有し、その鍵を使用して双方向の暗号化通信が行われます。
HTTPSは、SSL/TLSの安全な通信経路上でデータをやり取りするので双方向の通信が暗号化されています。

したがって正解は「ウ」です。

Pagetop