情報セキュリティ対策・実装技術(全198問中147問目)

No.147解説へ
情報セキュリティ対策に関する記述a~cのうち,通信内容を暗号化することによって実現できることだけを全て挙げたものはどれか。
  1. 通信途中に改ざんされたデータを復旧する。
  2. 通信内容を第三者に知られないようにする。
  3. 盗聴された場合に,盗聴した者を特定する。

出典:平成25年秋期 問72

  • a
  • a,b
  • a,c
  • b
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
  1. 誤り。改ざんされたデータを回復することはできません。改ざんが検出された場合は送信元に再送を依頼します。
  2. 正しい。暗号化により盗聴されても通信内容が漏えいすることはありません。
  3. 誤り。盗聴者の特定はできません。
したがって「b」のみが適切です。

Pagetop