情報セキュリティ対策・実装技術(全198問中17問目)

IoTデバイス群とそれを管理するIoTサーバ構成されるIoTシステムがある。全てのIoTデバイスは同一の鍵を用いて通信の暗号化を行い,IoTサーバではIoTデバイスがもつ鍵とは異なる鍵で通信の復号を行うとき,この暗号技術はどれか。

出典:令和3年春期 問76

  • 共通鍵暗号方式
  • 公開鍵暗号方式
  • ハッシュ関数
  • ブロックチェーン
正解 問題へ
分野:テクノロジ系
中分類:セキュリティ
小分類:情報セキュリティ対策・実装技術
公開鍵暗号方式は、暗号化と復号に異なる鍵を使用する暗号方式です。暗号化鍵は誰もが使用できるように公開しておき(公開鍵)、復号鍵は受信者が厳重に管理します(秘密鍵)。本問のように不特定多数の送信者からメッセージを受ける際でも、鍵ペアが1つだけあればいいので効率的です。公開鍵暗号方式では「暗号化は誰でもできるが復号できるのは正当な受信者だけ」という特徴を押さえておきましょう。
76.gif
  • 共通鍵暗号方式では、暗号化と復号に同じ鍵を使用します。
  • 正しい。公開鍵暗号方式では、暗号化と復号に異なる鍵を使用します。
  • ハッシュ関数は、任意の長さのデータを入力すると固定長のビット列(ハッシュ値、メッセージダイジェスト)を返す関数です。
  • ブロックチェーンは分散型台帳技術であり、暗号化の仕組みではありません。

Pagetop