経営戦略手法(全59問中35問目)

SWOT分析の説明として,適切なものはどれか。

出典:平成25年春期 問24

  • 企業を取り巻く外的環境に潜む機会及び脅威,企業がもつ強み及び弱みを分析することによって,企業活動の今後の方向性を導き出すための手法である。
  • 財務の視点,顧客の視点,業務プロセスの視点,学習と成長の視点から企業の業績をバランスよく評価・分析するための手法である。
  • 自社の活動が顧客にとって最終的にどのような価値を生み出し,それは顧客を満足させられるかという観点から企業活動をデザインする手法である。
  • 市場の成長率とマーケットシェアの二つの定量的項目で作られたマトリックスに事業をプロットし,経営資源の配分の最適化を行う手法である。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:経営戦略マネジメント
小分類:経営戦略手法
SWOT分析は、企業の置かれている経営環境を内部要因である「S・・・Strength(強み)」と「W・・・Weakness(弱み・弱点)」、および外部要因である「O・・・Opportunity(機会)」と「T・・・Threat(脅威)」に分けて分析し、今後の経営戦略に活かす手法です。
  • 正しい。SWOT分析の説明です。
  • BSC(Balanced Score Card)の説明です。
  • バリューエンジニアリングの説明です。
  • 事業ポートフォリオマネジメントの説明です。

Pagetop