経営戦略手法(全59問中56問目)

コアコンピタンス経営を説明したものはどれか。

出典:平成21年春期 問19

  • 競合企業に対して優位に立つために,既に事業を確立している他社の経営資源を獲得する。
  • 事業の組合せの最適化を図り,それぞれの事業を単独で運営する場合よりも大きな効果が得られるようにする。
  • 他社にまねのできない独自のノウハウや技術などに経営資源を集中し,競争優位を確立する。
  • 他社のベストプラクティス(優れた事例)を参考にして,現状の業務プロセスを抜本的に改善・改革する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:経営戦略マネジメント
小分類:経営戦略手法
コアコンピタンス(Core Competence)とは、長年の企業活動により蓄積された他社と差別化できる、または競争力の中核となる企業独自のノウハウや技術のことです。コアコンピタンスに該当する技術には、「様々な市場に展開可能」「競合他社による模倣が困難」「顧客価値の向上に大きく寄与する」などの共通性質があります。例としては、ホンダのエンジン技術、ソニーの小型化技術、トヨタ自動車の生産プロセスなどが挙げられます。
この能力を生かして、他社と差別化された特徴的経営を行うことで業界内の優位を得ようとする経営戦略をコアコンピタンス経営といいます。
  • M&Aの説明です。
  • 最適セールスミックスの説明です。
  • 正しい。コアコンピタンス経営の説明です。
  • ベンチマーキングの説明です。

Pagetop