ビジネス戦略と目標・評価(全27問中9問目)

BSC(Balanced Scorecard)の説明として,適切なものはどれか。

出典:平成29年秋期 問14

  • 顧客に提供する製品やサービスの価値が,どの活動によって生み出されているかを分析する。
  • 財務に加え,顧客,内部ビジネスプロセス,学習と成長の四つの視点に基づいて戦略策定や業績評価を行う。
  • 帳簿の貸方と借方が,常にバランスした金額になるように記帳する。
  • 取引先の信用度を財務指標などによって,スコアリングして評価する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:経営戦略マネジメント
小分類:ビジネス戦略と目標・評価
BSC(バランススコアカード)は、企業のビジョンを明確化し戦略を実現するために、「財務」「顧客」「業務プロセス」「学習と成長」という4つの視点から業績を評価・分析する手法です。

BSCを構成する4つの視点については以下の通りです。
財務の視点
「財務的な業績向上のために、どのように行動すべきか」という視点で指標を設定する。
顧客の視点
「ビジネス戦略達成のために、顧客ニーズに対してどのように行動すべきか」という視点で指標を設定する。
業務プロセスの視点
「優れた業務プロセスを構築するために、どのように行動すべきか」という視点で指標を設定する。
学習と成長の視点
「組織や個人の能力を向上させるために、どのような行動をすべきか」という視点で指標を設定する。
したがって「イ」が適切な記述です。
  • バリューチェーン分析の説明です。
  • 正しい。BSCの説明です。
  • 複式簿記の説明です。
  • スコアリングシートの説明です。

Pagetop