システム活用促進・評価(全24問中18問目)

情報システムに蓄積されたデータを分析し,業務に活用することを目標としているが,社員の経験不足のために進んでいない。目標の実現に向けての優先度の高い取組みとして,最も適切なものはどれか。

出典:平成25年春期 問30

  • 分析に用いる高機能のPCを各部署に1台設置する。
  • 分析に利用可能なデータの提供時期を早める。
  • 分析に利用するソフトウェアの性能を向上させる。
  • 分析の代表事例と分析用テンプレートを提供する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム戦略
小分類:システム活用促進・評価
目標が達成できない原因は社員の経験不足なので、簡単に分析ができる仕組みや分析の手法などを習得させる施策が効果的です。
PCの複数台設置や性能強化などはデータ分析が活用されてハードウェア資源が不足してきた場合の対策なので、上記の施策に比べて優先度的は低くなります。

Pagetop