システム活用促進・評価(全24問中21問目)

情報リテラシの向上策として,最も適切なものはどれか。

出典:平成23年特別 問27

  • 業務と情報システムの全体像を可視化し,現状と将来のあるべき姿を設定して,両者のギャップから全体最適化に向けての移行計画を策定する。
  • 個人情報保護やセキュリティなどに関する法令やガイドライン,社内規程などを遵守し, ITガバナンスを確立し,維持していく仕組みを構築する。
  • 自社の情報システムにおいて,起こり得るシステム故障などのトラブルを想定して,その社会的影響などを最小限に食い止める対策を策定する。
  • 社員に対して,オフィスツールやデータ分析ツールといったツールの使用方法やそれらの業務への活用方法などに関する研修を実施する。
正解 問題へ
分野:ストラテジ系
中分類:システム戦略
小分類:システム活用促進・評価
情報リテラシ(information literacy)とは、情報 (information)と識字 (literacy) を合わせた言葉で、情報を自己の目的実現のために使いこなすために必要となる知識や能力のことです。

今後もIT化の波は、更に加速していくと考えられており、情報システムを経営に活かすためには個々の情報リテラシを向上させ,業務遂行においてもデータの活用を行える人材を育てることが求められています。
  • エンタープライズアーキテクチャの説明です。
  • 企業コンプライアンスの向上策です。
  • BCPの説明です。
  • 正しい。

Pagetop