システム開発技術(全118問中109問目)

No.109解説へ
発注したソフトウェアが納品されたときに確認する項目として,適切なものはどれか。

出典:平成21年春期 問43

  • 委託先から提出された費用見積りの内容が妥当であること
  • 作業報告書の記述から作業が遅れなく進捗していること
  • 仕様書に記載した機能が実装されていること
  • 品質管理の計画が立案されていること
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム開発技術
小分類:システム開発技術
開発を委託するときソフトウェアに必要とされる機能は仕様書として文書化されています。納品時には受入れテストを実施し、成果物が仕様書であるかかどうかを確認しなくてはなりません。テストで問題があれば委託先に修正を依頼し、問題がなければソフトウェアは調達者側に受領されます。
検収以後は性能やインターフェイスなどの改善の要求が出来なくなるため、受入れテストで品質を確認することが重要です。

したがって「ウ」が正解です。

Pagetop