システム開発技術(全118問中20問目)

システム開発の見積方法として,類推法,積算法,ファンクションポイント法などがある。ファンクションポイント法の説明として,適切なものはどれか。

出典:平成29年春期 問37

  • WBSによって洗い出した作業項目ごとに見積もった工数を基に,システム全体の工数を見積もる方法
  • システムで処理される入力画面や出力帳票,使用ファイル数などを基に,機能の数を測ることでシステムの規模を見積もる方法
  • システムのプログラムステップを見積もった後,1人月の標準開発ステップから全体の開発工数を見積もる方法
  • 従来開発した類似システムをベースに相違点を洗い出して,システム開発工数を見積もる方法
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム開発技術
小分類:システム開発技術
ファンクションポイント法は、外部入出力や内部ファイルの数と開発難易度の高さから、ファンクションポイントという数値を算出し、それをもとに定量的に開発規模を見積もる手法です。画面や帳票の数などを基準に見積もるので、依頼者からのコンセンサス(合意)が得られやすいという長所があります。
37.gif
  • 積算法またはWBS法の説明です。
  • 正しい。ファンクションポイント法の説明です。
  • プログラムステップ法(LOC法)の説明です
  • 類推法の説明です。

Pagetop