システム開発技術(全118問中97問目)

現行システムの使用を開始してから10年が経過し,その間に業務内容も変化してきた。そこで,全面的に現行システムを開発し直すことになった。開発者が,システム要求の分析と,それに基づく要件定義を行う場合,開発者のシステム利用部門とのかかわり方として,適切なものはどれか。

出典:平成21年秋期 問29

  • 客観的に対象業務を分析するために,システム利用部門とかかわることは避ける。
  • システム要件は,システム利用部門と共同でレビューを行う。
  • システム利用部門の意見は参考であり,システム要件は開発者が決定する。
  • システム利用部門の作成した現行システムの操作マニュアルを基に,要求される機能を決定する。
正解 問題へ
分野:マネジメント系
中分類:システム開発技術
小分類:システム開発技術
  • 利用部門との認識の違いを埋めないまま進めると、利用者の求めるシステムにならない可能性があります。
  • 正しい。共同レビューは、利用者(顧客)と開発者が共同して設計書などの体系的な検査を行うことです。システムの要件定義には、システムの開発部門・利用部門がともに参加し、システムに必要な機能や能力などを取りまとめます。
  • システム要件は、利用する側との合意の上で決定することが大切です。
  • 現行システムの操作マニュアルを基にすると現行システムと似たシステムになってしまい、業務内容の変化への対応という目的を達成できません。業務内容の変化によって、現行システムで不足する部分を利用者からヒアリングすることが大切です。

Pagetop